札幌パンもぐもぐ日記。

札幌在住の30代OL・みなみがお昼に食べたパンをひたすらアップしています。

【パンもぐもぐ】PAUL(ポール)のホットドッグとヴィエノワ・クレーム

こんにちは。パンブロガーのみなみです。

週末は北海道近代美術館と三岸好太郎美術館の2会場で開催中の「ブリヂストン美術館展」を見てきました。

 

▲6/24(日)までなのでお早めに!

 

昔から三岸好太郎美術館は大好きなお出かけスポット。近代美術館の方は大混雑だったので人と人の隙間からさらりと鑑賞して、知事公館の緑あふれる庭園を通り、三岸好太郎美術館へ。

 

作品の感想は割愛しますが、私はこの美術館に併設している「カフェきねずみ」が大好きなんです。

 

Cafeきねずみ

ぐるなびCafeきねずみ

 

ご近所のカフェ「詩とパンと珈琲 モンクール」さん製のパンやお菓子を購入することができるので、美味しい珈琲と一緒にいただきます。

写真を撮るのが憚られるくらいのほっこり空間なので、写真が無くてごめんなさい…!

 

美術館を見なくても、カフェだけの利用もOKだそうですが、ぜひ札幌出身の画家・三岸好太郎の作品と共に楽しんでいただきたいなぁと思うとても素敵な空間です。

 

スポンサーリンク
 

 

 

さて、今日のパンはお久しぶりのPAUL(ポール)へ。JR札幌駅東改札を出てすぐという好立地ながら、なかなか足を運ぶ回数が増えない一番の原因はやはりお値段…

 

個人的にパンはひとつ100〜300円くらいで気兼ねなく毎日のように食べたいという考えなので、ひとつ500〜600円の価格帯が多いPAULは私にとってなかなかの贅沢品なのです。美味しいんですけどね。

 

ハード系を食べたいのなら安定のcoron(コロン)があるというのも、PAULに足が向かない理由のひとつかもしれません。

 

f:id:minami7945:20180618131012j:image

 

そんなわけでごちゃごちゃ言いながらも選んだのはホットドッグヴィエノワ・クレームのふたつ。最近はサンド系がマイブーム。いただきます。

 

ホットドッグ

f:id:minami7945:20180618132229j:image

 

うぅ、固い…涙

 

coronのもちもちなバゲットサンドに慣れ過ぎてしまったのが、この超噛みごたえのあるパンに驚きを隠し切れません。

中に入っているのはあっさり味だけどジューシーなソーセージ、そしてベシャメルソース。上にはコクのあるチーズがかかっています。

 

半分くらい食べ進めてパンの固さに慣れてくると、小麦の風味や味わいを楽しむ余裕が出てきました。うん、やっぱり美味しいんだよなぁ。もぐもぐ。

 

スポンサーリンク
 

 

ヴィエノワ・クレーム

f:id:minami7945:20180618131553j:image

 

こちらは先程とうって変わってふんわりもちもち系。札幌ステラプレイス店限定とのことだったので選んでみました。

 

f:id:minami7945:20180618131701j:image

 

柔らかですがもっちりとしていて不思議な食感。繊細に入ったクープも可愛らしいです。中のミルククリームはこってりした甘さで、お砂糖のシャリシャリした歯触りが残っていてクセになりそう。パンのこんがり香ばしい香りとぴったりです。

 

もぐもぐ。ごちそうさまでした。

それではまた!

 

PAUL 札幌ステラプレイス店

札幌市中央区北5条西2-5 札幌ステラプレイス イースト1F

(JR札幌駅直結・東改札口より徒歩約1分)
TEL:011-209-5189
営業時間:8:00~20:00
定休日:無休

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク