札幌パンもぐもぐ日記。

札幌在住の30代OL・みなみがお昼に食べたパンをひたすらアップしています。

【パンもぐもぐ】すぎうらベーカリーの桜あんぱんとくるみのマフィン

こんにちは。パンブロガーのみなみです。

またしても更新が数日空いてしまいました。

 

休日を利用して、お天気の良い日にドライブに行ってきました。

目的地は砂川にあるshiro cafeの砂川本店です。

 

f:id:minami7945:20180528203157j:image

 f:id:minami7945:20180528203222j:image

 

野菜がたくさんのった焼きカレーも、ルバーブジャムと5種類のベリーのパンケーキもとっても美味しかった…。国道12号線を札幌から旭川に向かう道すがらにあります。今回はランチにはちょっと早めの11:00頃に伺いましたが、12:00~13:00頃とカフェタイムはかなり混雑するみたいです。近くには北海道みやげとして有名な「北菓楼」の本店もありますし、砂川はかなりオススメです。

 

さて、今回の旅で奇跡的に出会ったパン屋さんがこちら!

f:id:minami7945:20180528202219j:image

 

美唄市のすぎうらベーカリーさん。 

札幌駅北口のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」で取り扱っているパンを食べたことはあったのですが、そういえば美唄が本店だっけ!と嬉しくなりました。

国道沿いで広い駐車場もあるので、ドライブの休憩にふらりと立ち寄ることができます。

 

▼「北海道どさんこプラザ」で買ったパンは優しくて素朴な味でした。 

 

店内にはイートインスペースもあり、購入したパンと一緒に無料でコーヒーをいただくことができるのも嬉しい。ちなみに今回はイートインでカマンベールチーズのシフォンケーキをいただき(これもすごくしっとりしていて美味しかった…)、自分へのおみやげとしてこちらのパンを買って帰ってきました。

 

f:id:minami7945:20180528201911j:image

 

桜あんぱんくるみのマフィンです。どちらのパンも「町のパン屋さん」って感じの素朴な可愛らしいパン。いただきます。

 

スポンサーリンク
 

 

桜あんぱん

f:id:minami7945:20180528201928j:image

 

期間限定のPOPが付いていました。桜の開花が遅い北海道とはいえ、もうすぐこのパンも買えなくなってしまうに違いないと思い購入してみました。シンプルで昔ながらの味わいの記事の中に、桜の香りがしっかりとする桜あんが入っています。一緒に入っている桜の葉の塩漬けも良いアクセント。 お花の形に成形されているのも可愛いです。

 

スポンサーリンク
 

 

くるみのマフィン

f:id:minami7945:20180528201952j:image

 

昔からくるみが入ったパンやお菓子に目がありません。何というか絵本や児童文学に出てきそうなイメージがあるんですよね。そんな訳でマフィンは数種類ありましたが、迷わずこのくるみのマフィンにしました。

 

ペリペリ…と慎重に包み紙をはがすと、中から個人的に「幸せ色」と呼んでおります卵の黄色がはっきりと濃い、ふんわりとした生地が現れます…うっとり。

 

f:id:minami7945:20180528202021j:image

 

ごろんと大きめのくるみは香ばしく独特の渋みもあり、マフィン部分がしっかりと甘いのでとても良く合います。サイズも大きめでひとつ食べると大満足!違うフレーバーのマフィンも買ってくれば良かった!と、食べ終わった瞬間に後悔してしまう美味しさでした。

 

旅先で出会うパンというのも素敵です。

もぐもぐ。ごちそうさまでした。

それではまた!

 

すぎうらベーカリー

美唄市癸巳町(きしちょう)2区

TEL:0124-64-2089

営業時間:9:00~18:00

定休日:火曜日(GW・お盆休みは除く)

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク