札幌パンもぐもぐ日記。

札幌在住の30代OL・みなみがお昼に食べたパンをひたすらアップしています。

【パンもぐもぐ】夜のしげぱんの夜の蝶

こんにちは。パンブロガーのみなみです。

 

相変わらず石田ゆり子さんのエッセイにはまっておりまして、新刊(Lily ――日々のカケラ――)は読み終えたので過去の著書をkindleで購入してお風呂の中で読んでいます。

 

kindleは本当に便利!蔵書が増えないし、iphone・ipadのどちらでも読めるし、しかも紙の本を買うよりちょっとだけ安いことが多い。

とはいえ紙の本ならではの装丁とか質感も手放しがたいものなので、本屋さんに行くとついつい衝動買いしてしまうのですが…。

 

 

 

この2冊はゆり子さんが今の私と同じ年代の時に書かれたエッセイです。 感性もさることながらその文章力に驚き。どうやってこんなにまるでその場の空気を切り取ったかのような文章が書けるのか…。 もともと素敵な女優さんだと思っていましたが、ますますファンになりました。私の中の石田ゆり子さんブームはしばらく続きそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

さて、今日のパンはすすきのにあります夜のしげぱんさん。 最近はめっきり少なくなりましたが、すすきのでお酒を飲む機会がある時は必ずと言っていい程の確率で立ち寄ってしまうパン屋さんです。

 

f:id:minami7945:20180129215706j:image

 

5人ほど入るとぎゅうぎゅうになってしまうほどの店内には所狭しとパンが並んでいます。しげぱんはメニューを考案した人の名前を商品名にしてくれるというユニークさで一躍有名になったパン屋さんなのです。

この日も「五十嵐」「紗織」「中野」など考案者と思われる方々のお名前が付いたパンが。一体どんなパンなのでしょうか。店内にリクエスト用紙がおいてあるので、誰でも気軽に応募することができます。いつか応募してみようかなー。

 

f:id:minami7945:20180129215653j:image

 

夜のしげぱんは、しげぱんの2号店。名前の通り夜に営業している珍しいお店です。

その営業時間はなんと16:00~翌4:00…!飲み会帰りに家族へのおみやげや、お店のお姐さんへの手みやげにすごく良いと思います。

私自身、飲み会帰りの彼氏がおみやげに買ってきてくれたのがこのお店を知ったきっかけでした。正直、お寿司の折り詰めやケーキよりもずっと嬉しい。朝ごはんにできるしね。

 

魅惑のショーケースの中から、この日選んだのはミニクロワッサンの夜の蝶

いただきます!

 

f:id:minami7945:20180129220143j:image

 

10種類以上の味があり、ひとつ¥60なので(限定で¥80くらいのもあります)「全部ひとつずつ下さい!」を発動。全部買っても¥600くらい。写真はその一部です。

 

f:id:minami7945:20180129220236j:image

 

名前の通り、ちょうちょみたいに可愛らしいミニクロワッサン。

こちらは黒ゴマがたっぷり練りこまれています。

 

f:id:minami7945:20180129220254j:image

 

断面はこんな感じ。さっくりと軽い食感で、2~3口でぱくぱくといけちゃいます。

 

f:id:minami7945:20180129220208j:image

 

こちらはミルク。儚げなミルク色の生地の上にしゃりしゃりのお砂糖がかかっています。もっちりとした食感です。

 

f:id:minami7945:20180129220407j:image

 

こちらはチョコ。カカオの風味がしっかりしていて、どっしりと食べ応えがあります。

食べ比べして気付いたのですが、ただ単に味が違うというだけではなくパン自体の食感を味によって変えてあるのがすごい。ざくざくだったりふんわりもっちりだったり、味だけじゃない変化があるのでひとつ、またひとつと食べてしまう魅力のあるミニクロワッサンたちです。

 

もぐもぐ。ごちそうさまでした。

それではまた!

 

夜のしげぱん

 札幌市中央区南5条西6丁目 第5桂和ビル1F

営業時間:16:00~翌4:00

定休日:日曜日

 

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク