札幌パンもぐもぐ日記。

札幌在住の30代OL・みなみがお昼に食べたパンをひたすらアップしています。

【パンもぐもぐ】Paul(ポール)のアンシェン・トン

こんにちは。パンブロガーのみなみです。

今日の札幌は恐ろしく寒いですね…!何でもこの冬最強の寒波が襲来しているそうですよ。そんなこと言われたってもうどうすればいいんでしょうかね。ぶるぶる。

南の島から帰ってきたばかりの私は早速少し風邪気味です…。

 

さて、今日はもっちり噛みごたえのあるパンに味の濃い具材がたっぷり挟まった栄養価の高そうなパンが食べたいなと思ったので迷わず札幌駅東改札口にあるPaul(ポール)へ。

ステラプレイスイースト1階、GAPとエノテカの間にある可愛いお店です。確か3~4年前、札幌に初上陸した際には連日行列ができていましたが、最近は並ばなくても買うことができます。

朝8:00から営業しているのも嬉しいポイント。本日はテイクアウトでしたが、併設のカフェでのんびりモーニングやランチを楽しみたいものです。

 

 f:id:minami7945:20180125172259j:image

 

さて、本日購入したのはアンシェン・トンというサンドイッチ。20㎝くらいのバゲット(フリュートというらしい)にレタスとトマト、ツナが挟まっています。ツナは端までびっしり!大きめでみっちりしたサンドイッチなので、いつもは甘いパンも併せてふたつ購入するところですが本日は自粛。いただきます!

 

f:id:minami7945:20180125172322j:image

 

Paulのバゲットをはじめとするハード系のパンは噛みごたえがすごい。これは子どもは食べられないだろうな…。なのでお子さんのいるご家庭ではパンナイフで小さめにカットすることをお勧めします。手でちぎって半分こなんてこともできないくらいの固さです。

coronのバゲットサンドなどに慣れ親しんでいるとビックリしますが、その分噛めば噛むほど小麦の味が感じられてこれもまた味わい深い。ツナはマヨネーズ少なめでしっかりとした味。よくあるゆるゆるのフィリングではなく、ツナの繊維を感じることができます。

ちなみにアンシェン・トンとはフランス語で「アンシェン=古い、昔ながらの」「トン=ツナ」という意味らしく、さしずめ「昔ながらのツナサンド」ということですかね。

 

f:id:minami7945:20180125172336j:image

 

非常にどうでもいいですがメニュー名が外国語だったりちょってひねってあったりすると照れくさくて注文し辛いのって私だけじゃないはず。今日もショーケースを指さして「このツナのパン下さい」って言っちゃったもんね。

 

もぐもぐ。ごちそうさまでした。

それではまた!

 

PAUL 札幌ステラプレイス店

札幌市中央区北5条西2-5 札幌ステラプレイス イースト1F

(JR札幌駅直結・東改札口より徒歩約1分)
TEL:011-209-5189
営業時間:8:00~20:00
定休日:無休